楽しんで爆発的に記憶力が上がる方法をお伝えします!

記憶ができるとどうなるの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
記憶術で心を豊かに! 覚えるって面白いことをお伝えしています 大爆笑資格試験や受験/記憶力を飛躍的にオモロく進化するコーチ/100回以上の講演/500人以上の記憶力をあげる/記憶は人生、人生は記憶 趣味:野球観戦、ウォーキング、読書、 好物:焼きそば、抹茶、アイス

記憶が必要な状況って?

記憶ができるようになると当然何かものを覚えないといけない状況にある場合、とても役に立ちます

例えば、学校の勉強、受験勉強、資格試験、昇進試験、専門的な知識など

最近ワインのカクテルを覚えてみたけれども、こんなものはバーテンダーには必要な知識

キティ     ・・・赤ワインにジンジャエール
カーディナル  ・・・赤ワインにカシス
カリモーチョ  ・・・赤ワインにコーラ
スプリッツァー・・・白ワインにソーダ
キール     ・・・白ワインにカシス
オペレーター  ・・・白ワインにジンジャエール

目先に覚える状況にあればあるほど、記憶力はあったら役に立つわけです

ところが、
それほど記憶力が必要じゃない場合も多いわけです

試験があるわけでもないし、
スケジュールは手帳を用いている
きちんとメモを取っていて
記憶力が特別悪いわけじゃない

こういう状況にあれば、記憶力が必要な試される場面てそれほどないわけです

私自身、講座以外の時というのは機構の技術を使うことはそれほど多くないです。

「やっぱりそうか、目先に覚えるものがなければ記憶力は必要ないよね」

ただし、私はその発想に苦言を呈したい
前回の投稿で記憶には色々な方法があるとお伝えしました。

記憶の練習をしているとそこには、記憶だけではない脳の活性化が起こります
様々な能力が開花していきます

発想力、感動力、イメージ力、集中力、etc

それに付随して、コミュニケーション能力や、伝える力、スピーチの力、理解力、論理的な思考、アイデア力

そういう力まで鍛えられるといえるんです

つまり、いわゆる丸暗記をする力が培われるのではなくて

ありとあらゆる脳力が付いてくるわけですね

ストーリー法

例えば、有名な記憶法にストーリー法というのがあります

キティちゃんが、ジンジャエールを飲んでいます
夜になって、寒くなってきたので、カーディガンを羽織って今度はカシスのカクテルを注文しました
ところが、「カシスは切れてるんです」と言われたので、
カラムーチョをつまみにコーラを飲むことにしました

こういう覚え方で行くと先ほどのワインカクテルを綺麗に覚えることができます

ここには、イメージしたり、発想する力が必要となるわけですね。

記憶のススメ

記憶というものを突き詰めて行くと、深い深いところにたどり着きます

丸暗記なんぞめちゃめちゃ浅い、とても苦痛な世界やなと感じます

「覚えるっていうのは苦行やと思っていたけれども、こんなに楽しいとは思わなかった。もっと覚えたい」

直接指導した方からこう言っていただきました

本当に記憶って楽しい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
記憶術で心を豊かに! 覚えるって面白いことをお伝えしています 大爆笑資格試験や受験/記憶力を飛躍的にオモロく進化するコーチ/100回以上の講演/500人以上の記憶力をあげる/記憶は人生、人生は記憶 趣味:野球観戦、ウォーキング、読書、 好物:焼きそば、抹茶、アイス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 脳みそ先生の楽しく憶える記憶法 , 2017 All Rights Reserved.